HOME > 「のし袋」の豆知識・お祝い編

「のし袋」の豆知識

知って得する!のし袋の知識

お祝い編

ご祝儀をのし袋に入れて贈るというのは、古くから続く日本独特の風習です。
真心を包むのし袋は、お客様の「あなたらしい」人柄がとても現れやすい商品です。
最近では、お祝いの品物の代わりに、現金を包んで相手へ贈ることが少なくありません。これにともない、表書きの種類やデザインはとても豊富になりました。
長寿御祝、出産御祝、誕生日御祝、御中元、御歳暮、御年賀といったのし袋も取り揃えております。
どういう場面でどのようなのし袋を使えば良いかわからない場合にはお気軽にご相談ください。

お祝い用のし袋一覧

出産御祝 赤ちゃん誕生のお祝いに
初節句御祝 初めてのお節句(女の子は3月3日、男の子は5月5日)を迎えるお祝いに
七五三御祝 男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の七五三(11月15日)に、成長のお祝いに
入園御祝 お子様の入園祝いに
入学御祝 小学校、中学校、高校、大学などの入学祝いに
卒業御祝 学業を修了したお祝いに
就職御祝 社会人になったお祝いに
成人御祝 20歳になった成人式(1月第2月曜日)のお祝いに
御誕生日祝 お誕生日プレゼントの代わりに、おこづかいを入れる
長寿御祝 還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)のお祝いに
大入袋 催し物等で予定以上の来場者があったときに、関係者に慰労と祝儀の意味で少額を入れる
寿・結婚御祝
(水引は結切り)
婚礼のお祝いに
御礼(紅白)・寿の封筒 結婚式のお手伝いをしてくれた方へのお礼に
御祝(水引は花結び) 一般的なお祝いに

お問い合わせはこちら

ご注文や商品に関するご質問・ご相談などございましたら、お気軽に、お問い合わせください。電話:045-391-0031 受付時間: 10:00 ~ 19:00(土日祝祭日除く)、FAX 045-391-9222 メールのお問い合わせ
FAX注文用紙ダウロード
お問い合わせフォーム

▲ページのトップに戻る