HOME > お知らせ

お知らせ

RSS

新盆供養料

2020/07/02

仏教の世界での新盆とは、人が亡くなって四十九日を過ぎた後に初めて迎えるお盆のことを言います。あの世へ行ってしまった霊が、初めて家族のところへ返ってくるということです。
ご自宅ではお供えや盆提灯を飾ってお迎えし供養します。
僧侶に御経をあげて戴いたときには新盆供養料または御布施としてお礼を包みます。

オリジナル/新盆供養料 150円(税別)

ありがとうの手紙

2020/06/24

真心を伝えるための「ありがとうの手紙」便箋、封筒、手紙の書き方や文例集のセットです。
日常で手紙を書くことがとても少なくなってきましたが、どうしても気持ちを伝えるのに手紙が良いと思うことがあります。しかしいざとなると、どのように書けばよいのかわからなかったり、せっかく手紙を書いて失礼があっては元も子もありません。
「ありがとうの手紙」を使うと簡単にきちんと感謝の気持ちを伝えることができます。
越前和紙を使用した押し花のようなやさしい柄の便箋と封筒です。

学研/きちんと真心が伝わるありがとうの手紙 D055-91 550円(税別)

七夕灯篭祭り・商店街夏まつり中止

2020/06/16

毎年恒例の七夕灯篭祭りと8月の商店街夏まつりは、新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました。今年の夏はどの地域でもお祭りや花火大会が中止になるところが多く寂しい限りです。
来年はまた元気にお祭りが開催できるようがんばりましょう!

お盆に必要なのし袋

2020/06/09

お盆は旧暦の7月15日を中心に行なわれる日本の信仰に基づく行事です。13日に迎え火を焚いて先祖の霊をお迎えし、16日には送り火を焚いてあの世へお送りします。全国的には8月に行うところが多いのですが、関東では7月にするところもあります。
お盆にはお寺の僧侶にお経をあげてもらいます。 自宅へ来て読経していただく場合は「御布施」と「御車代」を包みます。
お寺によって合同で施餓鬼供養をする場合は「御施餓鬼料」または「御布施」、新盆を迎えるときは「新盆供養料」、「掛袋料」が必要なこともあります。また、御塔婆を立てていただく場合は「御塔婆料」を用意します。

新盆を迎える仏様をおお参りするときには「新盆御見舞」というのし袋もあります。

こちらもご覧ください。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る